会議中

悪徳ファクタリング会社の手口と注意点

五人の男女

ファクタリング会社には悪徳業者も存在おり、逮捕されたファクタリング会社もあります。しかし始めてファクタリングを使用する方は、とれが悪徳業者かわかりません。そこで悪徳業者の手口を紹介したいと思います。悪徳業者の手口として、次のようなものがあります。
【あり得ない手数料】
ファクタリングの手数料の相場は、3社間ファクタリングで売掛金額に対して1%~5%と言われ、2社間でのファクタリング手数料は買い取り売掛金額に対して10%~30%です。しかし悪徳業者は、2社間ファクタリングの手数料を5%前後の手数料でファクタリングするなどとうたっています。
【手数料の値上げを要求する】
悪徳業者の審査は名目だけで、暫くすると審査が通った様な言い方で折り返しの電話があります。 この時になんらかの理由をつけて手数料を値上げしてきます。
【契約書控えを渡さない】
ファクタリングでは権利を譲渡する為、契約書が非常に重要です。契約書がないと、後々のトラブルも起きやすくなります。悪徳業者は契約書控えを渡さない場合があります。また担当者が全て郵送で済ましたり、本社に来る事を拒む会社もあります。もしもこうした悪徳業者と契約してしまった場合は、すぐに弁護士に相談しましょう。違法な契約は契約無効にできる場合もあります。
ファクタリングを使用する場合は、ファクタリング会社をしっかりと選別し契約しましょう。

お知らせ

サブメニュー

Top