会議中

ファクタリングは資金繰りだけではない!保証としても効果あり!

握手

資金繰りを改善する、または限られた経営資源(資金)を効率良く回す方法として売掛金を売却し現金化するファクタリングが注目されています。ですが、ファクタリング会社に売掛債権を譲渡するメリットは資金調達をする方法以外にもあります。
本来、売掛金が発生している取引先が倒産、もしくは資金繰りがショートした場合、自社にとっては債権回収が困難になるリスクがあります。最悪の場合、商品やサービスを提供したにも関わらず、代金が回収できず自社の経営を圧迫することもあり得ます。
ですが、売掛先が倒産した場合でも償還請求権が無いファクタリングであれば、自社に及ぶ影響も最小限に抑えることが可能になります。いわゆる、ファクタリングを代金回収の保証として利用する方法です。
この方法であれば、例え高い手数料(20~30%)だったとしても、回収できずゼロではなく、70%の代金を回収することが出来ます。手数料が高いと感じても、保証料を支払っていると考えれば高いものでは無くなります。どうしても取引先の経営に不安を感じる場合は、2社間ファクタリングなどにより速やかに売掛金を売却し、代金の一部を保証することが出来るという点を知っておいて損ではありません。

お知らせ

サブメニュー

Top